レディー

講座なら分かりやすい|社会保険労務士の基礎が身につく

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格を取得するなら

背広のメンズ

勉強する準備

学生でも社会人でも資格を取得するために勉強するという方は多いです。勉強をするためには、学校に通ったり通信講座で勉強をしたり、独学で学ぶという方法があります。人それぞれによって勉強方法は異なりますが、せっかく取得するのであれば一番上の難しい資格を取得したいものです。特に、近年人気の日商簿記については2級や3級だと資格取得者が多いため、日商簿記1級を持っておくと重宝される傾向にあります。しかし、日商簿記1級を受けるとなれば合格者が10%を切ったり、勉強期間も長くなるため、自身のモチベーションの管理も重要です。特に、独学で勉強をする場合はモチベーションを保つ工夫をしましょう。適度に休憩を挟む、ある程度ノルマをクリアしたら自分にご褒美を用意するなど、モチベーションを保つ方法がいくつもあります。モチベーション次第で勉強期間を縮めることが出来たり、合格する確率を高めることが可能です。

合格に必要な情報

独学で日商簿記1級を目指す上で重要なことといえば、基礎をしっかりと固めておくことです。短期間の勉強だけでは身にならないかもしれませんが、日商簿記1級を受けるにあたっては仕訳がとても重要です。2級や3級などでも勉強をしますが、1つも間違えず正確にできる事が要となります。特に、独学の場合は誤った解釈をしてしまうケースもあるため、1つ1つを正確に対応することが必要です。日商簿記1級の場合は、仕訳一つで大きな点数を逃してしまうことも予想されるので、丁寧にそして迅速に解く訓練を行いましょう。また、点数を取るためには時間配分がカギを握ります。日商簿記の出題形式はほぼ限られているため、問題形式によって作戦を立てておきましょう。できる限り得意な分野から行うことによって、点数を少しでも稼ぐことが出来るはずです。