レディー

講座なら分かりやすい|社会保険労務士の基礎が身につく

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格試験予備校を活用する

講義

予備校の特徴

社会保険労務士の試験は国家資格の中では合格率が低い試験に分類されています。そのため独学で勉強する場合は法学部出身や在学生などある程度、労働法や保険関連の法律に馴染みのある人が有利な傾向があります。そのため労働法や保険関連の法律に馴染みが薄い人は、基礎力をしっかりと要請してくれる資格試験予備校に通う方法が合理的となります。資格試験予備校は社会保険労務士試験を熟知しているために、初めて法律を学ぶ人に対する指導が上手であるという特徴があります。また開講している講座も初学者が独学では疑問に思ったり挫折しやすい箇所を重点的に指導するという特徴があります。したがって、社会保険労務士の勉強を独学でするよりも安心して基礎力を養成することが出来ます。

挫折しないために

社会保険労務士の試験は難しい試験であるために、漫然と勉強をしている場合は挫折をしてしまう可能性があります。そのため勉強サークルやネット上の受験生交流サイトに参加する等の方法で、モチベーションアップを行うことを推奨します。また勉強ブログを開設することも、他の受験生との情報交換に役立ちます。予備校の講座の口コミ情報もネットから入手することが可能です。また予備校の講座を受講することによって、受験仲間を作ることも出来ます。受験仲間がいる事によって1人では挫折してしまう事も励まし合って乗り越えることが出来ます。また同じ講座を受講している場合は、仲間同士で勉強会を開くことが可能です。それによって自分の弱点を発見できます。