女の人

講座なら分かりやすい|社会保険労務士の基礎が身につく

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格を取得するなら

背広のメンズ

独学で日商簿記1級を受けるのであれば、モチベーションの管理はとても大切です。また、勉強をする上で、基礎となる仕訳の勉強も欠かせないです。基礎が固まっていれば、大きなミスなども防ぐことが出来る為、独学で合格を目指すのであればとても重要です。

もっと読む

資格試験予備校を活用する

講義

社会保険労務士になるための国家試験は難しいと言われています。そのため予備校の講座を受講することを推奨します。予備校の指導は、労働法や保険関係の法律を初めて勉強する人に対してもわかりやすく教えてくれます。また、受験仲間を作ることは勉強に挫折しないために有効な方法となります。

もっと読む

好印象を与えるためには

ペンとノート

最近では重要な状況でのみ文字を書く機会が多いことから字が綺麗だとかなりの好印象を相手に与えることができます。また、このボールペン字のスキルを着実に伸ばしたい場合には添削を通してビシバシ指導してくれる通信教育のボールペン字講座がベストです。

もっと読む

基礎力が定着します

勉強

インターネットを活用

社会保険労務士試験は、労働分野と社会保険分野の合計10種類の法律を学ぶ必要があります。そして、全てをまんべんなく学ぶ必要があります。各法の条文を把握することが基本ですが、計算問題も出題されます。また、制度が容易でなく、改正も多い特徴があります。頭でしっかり理解することで、覚えることも可能となるのです。したがって、独学でテキストを読んで、過去問を解くだけでは、厳しいと思いましょう。何かしらの講座を受けることで、体系的に学ぶことができます。最近では、ネット上で手軽に講座を受けられます。時間の制約が少なく、通勤や通学しながら、あるいは家事の合間になど、都合に合わせた学習が可能です。また、金銭的に余裕がない場合でも、無料講座を活用できます。そして、ネット上には、社会保険労務士試験の無料講座も見られます。有料講座の方が、作り込みはしっかりしていますが、無料の中にも充実したものは存在します。ぜひ活用してみてください。

メリハリある学習

社会保険労務士の学習をするうえで、講座を活用するメリットは多様ですが、大きく2つ挙げられます。1つには、やはり目や耳に残りやすい点です。活用していると、問題を解く際に、ふと思い出すものです。実際、練習中であれ、試験本番であれ、このようなことはよくあります。2つには、苦手部分について、何度も確認できる点です。得意分野は聞き流し、苦手分野は集中的にという、メリハリのある学習が可能となります。もし、講師の話している内容がわかりにくければ、そのままインターネットで検索することで解決できます。このような理由から、講座は人気を集めています。社会保険労務士に合格するためには、問題をできるだけ沢山解いて、正解率を上げることが重要です。そのベースとなるのが講座なのです。